スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばれんたいんでー・きっす

ども、二次元に走っているから特に今日のイベントに関与できなかった小生です。


まぁSSの中で長キョンを愛でるのは許容範囲だよね??

あと、コメ返しは次に回します。
今日はSSを書くだけの気力しかないので、スミマセン。

次はちゃんとしますので。

それでは今日のSS
『バレンタインデー』

若干バレンタインデーはあまり関係ないかも。





 二月十四日、それは全日本の男子が楽しみにしているであろう日。聖バレンタインデーである。
 学校に来て早々、谷口を見つけたがやはりそわそわしているというか動揺しているというか、慌しい奴だ。
「おい、谷口。お前何してるんだ」
 まぁ、見て分かるがきっとチョコを探しているに違いない。
「おう、キョン。今年はフラグ立て頑張ったからな、一つ位あると思ったんだが」
 それは残念だったな。
 俺は自分の席に着き、去年のこの頃のことを思い出していた。なんか穴掘りとか色々したような覚えがある。
 今年は朝比奈さんが受験ということに平日ということが幸いして大ぴらにこういうイベントはしないらしい。周囲に気を配ることができるようになったところを見て、こいつも少しは成長してきたんだな。と思った。
 まあ、朝比奈さんのチョコを貰えないことが結構辛かったり。口が裂けてもそんなことは言えんな、長門が黙っちゃいない。
 去年はSOS団ってことで全員から貰ったが、今年は長門からしかもらわないつもりだ。ああ見えて結構嫉妬深いからな、長門は。まぁ、ちょっと拗ねた長門もまた可愛いんだけどな。
「お前は良いよな、長門という彼女がいて」
 迂曲曲折あって、俺と長門の仲はほぼ全校生徒に知れ渡っている。悪い感じはしないが、こう大っぴらに言われるとなんだか気恥ずかしいという気持ちの方が前面にでてしまう。
 古泉辺りがこの学校で一番チョコもらいそうだが、長門からの愛が一番詰まったチョコを貰えるのは世界中どこを探しても俺だけだろう。
「噂をすれば何とやらってやつだぜ、キョン」
 数分の雑談の後、長門が教室にやってきた。
「どうした、長門」
「……これ」
 チョコを差し出したと思いきや、長門が差し出したのは薄く青い栞だった。
「了解、またあとでな」
 この栞は俺と長門の情報交換手段、といっても軽い呼び出しとかそんなんとかだが。この場合は『放課後長門の家に寄ってけ』ってことになる。これと薄いピンクの栞を同時に渡されたらキャッキャウフフ的なちょっとアダルトな展開になる可能性があるが、今はそこまで関係はないだろう。
 因みに、このやり取りのパターンは他にも色々とある。
 例えば、週末の籤引きのイカサマとか。(最近はハルヒが二人でいることを許してくれたからあまりする機会はないが)あとは、デートの大まか行き先とか。
 それは置いといて、さらに時間をすっ飛ばしたいと思う。



「よお、長門。呼び出しなんていつぶりだ?」
「最近は少し忙しかったから。色々と」
 そうか。
 それは期待していいってことか?
「夕飯、食べて」
 命令形ですか、長門さん。まぁ、わかってたからいいんだけど。親にも伝えておいたし。なんか今度連れてこいとかなんとか行ってたからどうしようかな……。
 などと思案を巡らせていると、長門の方はすでに準備ができていたようだ。勿論、今日の夕飯もカレーだ。長門はカレー大好きだからな、俺も好きだけど。
 言うまでもない、長門のカレーは最高だ。
「そういえば」
 俺は唐突に、さっきまで考えていたことを長門に告げる。
「お袋が、お前に会いたいって言ってたけどどうする? お前の都合がいい時でいいから、な」
「では……」
 来月にする。
 そう長門は告げた、でも何で来月なんだ? この問いが解かれることはなく、黙々と夕飯を食していく。あ、別に仲が悪いわけではない。こんな沈黙ですら俺には幸福だからな、別にとってつけたような会話なんていらないのさ。
 行動と思考の矛盾を感じながら、俺はやはり黙々とカレーを食す。
「私は」
 ふと、長門がカレーを食べる手を止めて呟く。
「あなたの傍にいていいものなのか」
 そういう長門の顔はいつものような無表情に見えて、不安と焦燥が入り混じった顔だった。長門のこんな顔を見るのは、本当に久しぶりだった。
「……どうした、長門。何かあったか」
「別に、何も……」
 そうか? 
 長門のことは(ほとんど自惚れだが)俺が一番よく知っているはずだ。だからこそ、この長門が嘘をついていること位容易に分かる。
 でも、なんでだ?
 長門が俺に隠さなきゃいけないようなことがあるのか?
 いや別に秘め事もすべて報告せよというわけじゃないから、プライバシーの関与まではしないが……。
「長門がどう思っているかは知らんが」
 少なくとも、俺はお前が必要だ。
「そんなに思い悩むことじゃないだろう」
 俺はお前の傍にいたい。
「何故、そこまで言い切れる?」
 何故って言われてもな。
 俯く長門をそっと抱き寄せ、頬にそっとキスをする。
「俺は、お前のことが好きだからだ。それじゃ理由にならないのか?」
「……なる」
 じゃあ、良いじゃないか。
 俺がお前を好きで、お前が俺のことを好きでいてくれて、他に何が必要なんだ。これ以上の幸福はないね、これが人の本心だからな、温かみがほしいという人間の感情。
 永遠という言葉をつけても構わない。俺は長門が好きだ、それだけは変わらない事実であり、真実なのだから。

 そうだな。

 もう少し、俺が大人になったら正式にプロポーズしてみるのもいいかもしれん。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久し振りです
ハチルです

やはり今回のssも甘いですね!
見ているこっちも恥ずかしくなります(笑)
(でも、本人達は自覚無いでしょうね・・・)

短い感想だけですが
それでは
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。